賢くスムーズに済ませる葬儀関連の事柄|サービスの利用

正しい知識

知らないことは色々あります

葬儀は人の死を弔うために行う祭儀の一種です。歴史的には現在のイラン北部で約6万年前のネアンデルタール人の遺跡から葬儀跡と推察される発見がされています。葬儀の様式は宗教観が深く関わっているため信仰や宗教の違いが顕著に現れます。 日本では仏式が一般的と言われますが、滅多に行われることではなく宗派によってもその作法は大きく変わります。まして宗教が異なれば一層その所作は事なります。葬儀の知識を学ぶ機会が少ないため、葬儀業者に依頼をした結果、費用面でトラブルになるケースがあります。これは葬儀に際して事前に参列者数が分からないため見積時には葬儀本体価格以外には明記されず、実際に必要となる飲食や返礼品等の費用が別途必要になることが一般的だからです。

喪服について知りましょう

通夜や葬儀の際には喪服を着用します。喪服には種類があり、その葬儀における立場に応じて正喪服、準喪服、略喪服の違いがあります。 正喪服は喪主は勿論、遺族や近親者だけが着用する最も格式の高い喪服です。和装は男性では羽織・袴で五つ紋の長着、女性では黒無地染め抜き五つ紋です。洋装は男性ではモーニングコートに白無地のソフトシャツ、女性では黒無地のアフターヌーンドレスです。 準喪服は通夜や告別式、一周忌までの法要で喪主や遺族、親族、親しい一般参列者が着用する正喪服に準ずる喪服です。和装で使用することはほとんどありません。男性は黒無地のスーツ、女性は黒無地のワンピースやスーツでどのような場面でも着用できる汎用性のある喪服です。 略喪服は急な弔問等に出席する際に着用する喪服です。