賢くスムーズに済ませる葬儀関連の事柄|サービスの利用

家族葬の実態

一般葬に対し最近では家族葬という葬儀スタイルがあります。家族葬とは文字通り家族のみで執り行う葬儀を指します。もともとは、ある葬儀社が使用したネーミングなのですが、今では全国的に普及していて広く用いられています。 以前は、親戚の少ない方やお付き合いのない方をはじめ、何らかの事情のある方が家族葬を執り行うケースが多くありました。近年では、核家族化の進行や人付き合いの希薄化などの影響で、一般葬のように広く会葬者が集う葬儀ではなくこじんまりとした葬儀が好まれる時代へと変化を遂げています。こうした流れを受けて、家族葬の件数は増加傾向にあります。

近年でも変わらず、家族葬を選択する方は多くいらっしゃいますが、その理由にはある変化が見られます。経済的な理由を挙げる方が増えているのです。一般に、葬儀費用は使用する棺や祭壇のランクによっても変動しますが、会葬者の数によって決まる部分も多くあります。そのため、少人数で執り行うことで葬儀費用を節約することができるのです。葬儀にお金をかけたくない、葬儀費用が出せないという遺族が増えており、費用面を重視した結果として家族葬を選択したという方も多くいます。 こうした費用に関する要望を受け、葬儀各社では格安葬儀プランとして家族葬を紹介するケースも増えています。葬儀費用には今後もシビアな視線が向けられることは容易に想像できることから、家族葬への人気はこれからも続くとみられています。